ソーラーパネルの口コミ・評判比較

原子力発電がストップし、電気代が高騰しています。そこで電気代を節約するために、また災害時にも強いソーラーパネルに興味がある人も多いことでしょう。ソーラーパネルの導入を検討している方は、実際に導入している方の口コミなどを参考にしながら、各メーカーを比較してみると良いでしょう。

比較するポイントはまず使いやすさです。機械の操作が苦手という人でも操作パネルから簡単に操作することができるかどうか確認してみましょう。二つ目は、デザイン性です。ソーラーパネルはどれも同じデザインと思っている人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。住まいの外観を損なわないような優れたデザインのパネルを販売しているメーカーもありますので、実際に屋根に取り付けてみての感想なども見てみると良いでしょう。

そして、三つ目は価格です。販売価格、工賃、値引きなども含めて、トータルでどのくらいの費用が発生したかということと、実際に使って見て、どの程度電気代を節約させることができたかという数字も知りたいところです。ソーラーパネルによって当然価格は違います。性能も違いますので、発電量なども違ってきます。設置する環境によって大きく発電量も変わってきますが、曇りや雨でも発電が可能なソーラーパネルもあります。各メーカーの宣伝を参考にしつつも、実際はどうなのか、口コミからしっかり情報を得ると良いでしょう。ソーラーパネルを選んだら、次はそれを扱っている工務店を選ぶことになります。

ソーラーパネルのサイズ比較

ソーラーパネルを選ぶとき、価格にばかり目が行きがちですが、サイズの比較も重要です。というのは、屋根のスペースとソーラーパネルの大きさによって、設置できる数が決まってくるからです。屋根のスペースが少ない場合は、発電量が大きいソーラーパネルを選んで設置しないと、必要な電力量を賄うことができなくなってしまうかもしれません。

また、サイズによって重量も当然違ってきます。重量が重くなると、屋根の負担が大きくなりますので、少しでも軽い方が良いわけです。結晶型のソーラーパネルの重量は、10㎡あたり120kg前後です。瓦屋根の重さは10㎡あたり約400~500kg、化粧スレート屋根でも約250kgあります。その上にソーラーパネルの重さが加わるわけですから、かなりの重量になります。ただ、ソーラーパネルを設置したために屋根が崩れたという事例はないようです。あるとすれば、金具を止めた部分から雨漏れが生じたり、設置ミスによるトラブルです。このような事例は少なくないので、施工会社は評判の良い会社を選ぶことが大切ですね。

サイズに対して重量がダントツに軽いのは、フジプレアム製のもので、平均の半分の65kgとなっています。この軽さであれば、屋根への負担は非常に軽微です。このように大きさや重さ、屋根のスペース、そして発電量など、様々なことを鑑みながら太陽光発電システムを設置していかなければなりません。詳しいことは施工会社に尋ねてみると良いでしょう。

売電で儲かる!?ソーラーパネルを比較してみた

ソーラーパネルが並んでいる家が少しずつ増えてきています。国や地方自治体も様々な補助金制度を導入し太陽光発電システムの導入を積極的に推進しています。その背景には地球温暖化の原因の一つとなっているCO2削減のために、この太陽光発電システムの導入が大きな役割を担うであろうと予想されているからです。

では、一般家庭で太陽光発電システムを導入するメリットはあるのでしょうか。実は、大きなメリットがいろいろあるのです。その中でも大きいのは経済的なメリットです。ソーラーパネルによって発電された電力を自宅で使用することで、月々の電気料金を大幅に減額させることができます。

また、ソーラーパネルでの発電は昼間やお天気の良い日に限られるのですが、それでもかなりの発電量となり、通常はすべての電力を使い切ることができません。余った電力を蓄電することはできないのですが、途上電力を電力会社が高値で買い取ってくれるのです。そのためしばらく使い続けていくうちに、初期投資の元をとることができ、その後は儲かる一方になります。

通常、12~3年で元をとることができる仕組みになっており、ソーラーパネルの寿命は20年近くあると言われているので、ほとんど人がしっかり元を取り、さらにその後も利益を上げていくことができることでしょう。ソーラーパネルを選ぶ際には、単純な価格比較だけではなく、各メーカーによって差がある発電能力や耐久性などを比較すると良いでしょう。